気ままなフォト日記

ありがとうございました 

2月8日頂き物




2月8日宝泉院

今年も大原の宝泉院から節分会ご祈祷のお札と福豆が送られてきました

前にも書いたと思うのですが宝泉院とは長いお付き合いで高校の卒業旅行のときに
お友達と二人で大原に行ったのが始まりでした

高校の修学旅行で行った大原が忘れられなくてもう一度お訪ねしたのです

その頃は観光で訪れる人もとても少なかったのです
まだ「京都~大原三千院~・・」の歌が流行る前のことですから・・・
再度訪れた三千院はやはりすばらしくそこで何時間ものんびりとお庭や仏像を眺めていたら
当時の住職代理の方から声をかけていただき色々お話もしていただきました

そして当時民宿をしていた近くの宝泉院をご紹介くださいました
宝泉院には拝観客はまず来ない時代でしたから御住職もよそのお寺にお勤めでした

京都・・・特に大原にどんどんはまって毎年色々なシーズンに大原へ足を運びました
行く度に宝泉院に泊めていただき先代のご住職さんからはとても可愛がっていただきました

そして早朝に三千院に入れていただき苔のお庭に裸足で下りて撮っていただいた写真などもあります

誰もいない三千院のお庭はし~んと静まり返ってそれはそれはすばらしかったです
もちろん宝泉院のお庭も独り占めでしたね

その後「そうだ。京都へ行こう」で宝泉院が取り上げられ一躍有名になりましたね

私は結婚してからは30年くらいのブランクがありその間に宝泉院の先代さんご夫婦もお亡くなりになりました

そして三千院は知らない人がいないくらい有名になり現在では50名くらいの方が働いているとか・・・
昔の面影がなくなった今は私のなかでは良き思い出として封印されてしまい、今は訪れることもなくなりました

当時の住職代理をなさっていた方もその後は小町寺や鞍馬の地蔵寺のご住職になられ
お付き合いさせていただいていましたが今は亡くなられました

現在の宝泉院のご住職さんとも面識がありここ10年位前からまた毎年京都に行っているのですが
たまにお訪ねしています

そんな関係で毎年色々な催しのお知らせなどいただいています

今では宝泉院の額縁のお庭も有名ですね
雪のお庭はすばらしいですよ

昔のことをちょっと思い出しながら福がきますように家族で一粒ずつ福豆をいただきました

関連記事
trackback: -- | comment: -- | edit